エイジングケアはいつ頃から始めるべき?意外と知らないエイジングケア

エイジングケアと聞いて思い浮かぶのは何でしょうか?

「加齢に応じて出てくる肌の衰えであったり、体力の低下だったり、髪が細くなったりをケアしてあげること」

そんなイメージじゃないでしょうか。

それ自体に間違いは無く正しいことなのですが、では”いつ頃から”エイジングケアをするべきかはご存知でしょうか?

本記事ではエイジングケアの一部、髪についてを記載していますので参考にしてください。

エイジングケアとは

・加齢や老化によって衰えてしまった機能(肌や体力、髪など)をケアすること

・一般的にケア効果のある化粧品などを使う、サプリメントを摂る、規則正しい生活をおくる。のがエイジングケアになるとは言われています。

 

エイジングケアはいつ頃から始めるべき?

一般的に肌の衰えや髪のハリコシや艶がなくなっていくと言ったエイジングのサインが出始めるのが20代中頃からと言われています。

髪のエイジングで主に上げられることは、

髪が細くなる
→切れやすくなったり、顔周りの髪が産毛みたいになって育たなくなる

髪に艶がなくなる
→うねりが出て髪に凹凸が出来てしまうので艶が出にくくなる

髪にボリュームがなくなる
→ハリコシが失われるので根元からの立ち上がりがでなくなる

この3つ。

 

この症状で悩まされるのは「薄毛」です。

年齢よりも老けて見られないように髪のエイジングケアをして若々しい髪の毛を維持できるように頑張りましょう。

髪のエイジングケアはどうするの?

1.髪に必要な栄養素を摂る

当たり前の事ですがバランスの良い食事を摂ることは髪にとっても良いことです。

髪の主成分は「アミノ酸」で出来ており、上質な「アミノ酸」はタンパク質で補うことが出来ます。

肉や魚、卵や大豆製品、牛乳に含まれています。

他にも以下のような栄養素は髪にとって非常に大切です。

ビタミンA 髪を健康にする栄養素 にんじん、かぼちゃ、ほうれんそう
ビタミンB6 頭皮の新陳代謝を良くし、強い髪を作る栄養素 青魚、レバー、バナナ
ビタミンE 血行を良くし、栄養素を行き渡らせやすくする栄養素 植物油(オリーブオイル)、うなぎ、アーモンド
亜鉛 タンパク質を髪に合成。抜け毛予防。 牡蠣、緑茶、抹茶
ヨード 髪の成長や髪の艶をよくする わかめ、ひじき、昆布など海藻類

2.頭皮ケアをする

健康的な髪を維持するのに土壌となる頭皮のケアはかかせません。
頭皮が乾燥していると生えてくる髪も乾燥しやすくフケがでたり、頭皮環境が悪いと髪が上手に育たなくなり切れやすくもなることも。

そんなことがおきないように頭皮のケアを日頃から意識することが大切です。

一番身近な頭皮ケアで言うとシャンプー、トリートメントのデイリーケア。
Lienでは「Cotaセラ」という薬用の商品があります。
肌にも優しく週1,2回の洗うだけケアで出来るので非常におすすめです。

またヘッドスパでサロンケアをすることも効果的で、Lienでは「オーセンティックビューティコンセプト」を使用したヘッドスパが大変人気のメニューとなってます。

オーセンティックビューティコンセプトはヴィーガンヘアケアで髪、頭皮に優しい

続きを見る

 

さらに薄毛改善メニューとして男性女性問わず人気なのが「強髪」です。

「強髪」は薄毛改善・ボリュームアップの魔法のメニュー♪

続きを見る

1度で効果を感じられるお客様の声もあり、Lienでは現在5人に1人。
年齢も学生〜高齢の方まで男女問わず体験されています。

 

髪のエイジングケアを今からでも始めよう

前述したように髪のエイジングは20代半ばから始まります。

何もせず放っておいて実年齢より上に見られるか、早い段階からエイジングケアをしておいて実年齢より若く見られるか、予防するか。

なってからでは遅いエイジングは早めから初めて継続が大切です。

少しずつ初めて見ませんか?


Lienはお客様の髪の毛を傷ませない、負担をかけない事を第一に施術しております。

カラーやパーマなどの薬剤に「オラプレックス」を混ぜる事により施術のダメージを9割以上抑えた施術が可能となりました!

髪のダメージを少しでも抑えた施術をされたい方、ご予約お待ちしております。

Lien
〒604-8812
京都府京都市中京区壬生相合町76-4

Email
075-285-1240

営業時間:10時-19時
受付:カット18時、カラー17時

ご予約はこちら

続きを見る

© 2022 京都・四条大宮「Lien」 髪のダメージを最大限に抑えられる本格ヘアサロン Powered by AFFINGER5